研修医とは、「医学部で教育を受けた学生が現場で従事する人材」として捉えています。
医師免許を取得していない状態のため、患者への医療行為をすることはできず、医療現場の雑務を任せられることが多い模様です。
これは、努力規定にあたる臨床研修の制度を義務化されたことを受け、医療現場では当たり前の光景として見られるようになりました。
研修医の期間に明確な規定はなく、5年程度の期間を前後に分かれている性質が持たれています。
前期の場合、医師における必須研修にあたり、2年間医師に従事することになります。
実質的にこの期間を終えると、医師として独り立ちすることができますが、実務を行うには経験不足という自覚から、研修医として現場にとどまることになります。
このように、3~5年目の期間を迎えた研修医のことを、後期研修医と呼びます。
後期研修医は、少なくとも2年間は研修医として下積みを積んでいるので、現場慣れしているのが特徴になります。
そのため、要領も心得ているので、いくぶんか気分が晴れた状態で現場に臨むことができます。
しかし、後期の研修医期間が、医師を目指すための大切な期間であることを自覚する必要があります。
その証拠に、後期の研修期間を勉強に充てることで、開業医として独立した医師が多いからです。