自宅で個人的に仕事をする方などに、バーチャルオフィスが人気になっています。
家で仕事をして、会社の住所をバーチャルオフィスに置き、公私の住所を分けられるということもありますが、地方に居ながらにして、都会で会社が持てるというわけです。
関西地区では、はやり大阪のバーチャルオフィスが人気があります。
府内でも、大阪市内と他では大違いです。
バーチャルオフィスなら、大阪市内でオフィスが構えられるのですから、とても便利です。
やはり、自宅の住所や電話番号を名刺や広告に記すのは、セキュリティ上の問題もありますし、公私はきっちりと分けていたほうが、仕事もスムーズに行くと言えます。
本格的にオフィスを構える前の段階としての使い方もありますので、自分に合った使い方で賢く使うと良いと思います。
http://www.karigo.net/tenpo/osakachuo.php