子供の明日を創るのが、高橋壮志に求められる使命です。
学校教育で学ぶことは、これからの人生で考えるとほんの一部の時間です。
そこにテコ入れを行うだけでも、今まで眠っていた才能が花咲く瞬間があるかもしれません。
そんな期待を膨らませて、高橋壮志は子供への教育を行っています。

普段は塾にこもりっぱなしの生活を送っていますが、休日ともなれば自分の趣味に没頭する時間。
映画観賞は最新作を一通り押さえています。
レンタルで旧作を掘り起こして鑑賞することもあるので、普段の「教える」という現場に触れている時とは違い、そのギャップの大きさで驚かれるかもしれません。

仕事はマジメに取り組むという姿勢があるので、明日を担う子供の成長を第一に考えて、個別の支援も大切にしています。
子供はそれぞれ成長の過程が異なりますから、一様に同じでは成績アップは期待できません。
それぞれのスキルに合わせた教育を行うことこそ、高橋壮志が担うべき本当の仕事です。
いわゆる「明日を創る」教育を行っているのが特徴です。