患者さんの多くは、病院へ行くのは其の病院に信頼を寄せているからこそそこへ通うのです。
そして、患者さんの事を思いながら社会貢献もしていくことで地域に密着もできます。
玉川病院は、患者さんの権利を守りながら、そして信頼関係を築いていき通いやすい雰囲気を作り出しています。
そして、最善の医療を目指して医療の質と向上に日々努力をしています。
最善の医療機能を十分に発揮できるよう、玉川病院では組織作りにも力を入れています。
組織を充実させていくことで、病院内をスムーズにしていく理由の1つになります。
さらに、より良い医療を向上させるためにも、人材育成にも力を注いでいます。
患者さんは常に尊厳をもって治療を受けることが出来、そして権利を持っています。
そして、病院側も信頼と責任を持って治療に専念しながらも、患者さんと協力し合っていきます。
また、玉川病院では患者さんの権利を守るためにも、プライバシーを守りながらも自己の情報を知ることをしています。
適切で最善の医療を受けることが出来、医療の選択と自己決定も出来るようにしています。
決め事は守りそして、患者さんへの尊重をしながら、互いの信頼関係の元に治療を行っている病院です。