武蔵野市の吉祥寺セントラルクリニックは、審美治療を専門にする歯科医院です。
審美歯科治療というのは、見た目の美しさという点から歯の色や歯並びを治すものです。
吉祥寺セントラルクリニックでも、歯の表面の着色汚れのクリーニングや歯そのものの漂白をするホワイトニング、セラミックを使った白い歯での治療などをしています。
こうした治療に必要なのが歯科医師と歯科技工士の連携です。
技工というのは、歯科医師が歯型を取ったりしてオーダーしたかぶせ物などを製作する分野です。
多くの歯科医院では歯科技工はクリニックとは別の場所に発注して作ってもらっています。
その点、吉祥寺セントラルクリニックでは、院内に技工室を設けて専属の技工士が常勤しています。
院内技工のメリットはいろいろあります。
例えばホワイトニングをホームケアで行う場合は薬剤を入れて歯に装着する専用のトレーが必要です。
このトレーは歯型からその方に合わせてオーダーメイドで作られます。
吉祥寺クリニックでは院内技工でこのトレーを作ってもらえるので、外注の場合に比べて早く完成できますし、送料や技工手数料のような中間マージンが削減できるため費用も抑えられます。
また歯の色を白くする治療でセラミックを使った症例では、最終段階で色を塗ってトーンを合わせることができます。
この色合わせも、院内に技工士さんがいるので先生と患者さんとともにその場で相談しながら進めることができます。