海外ではビットコインは急激に需要が高まり、関心を集めています。
それは、通貨と比べて様々なメリットがあり、魅力的な存在だからです。
世界中のあらゆる場所で決済に使用することができ、決算も早く、オンライン上の決算なので未払いリスクも回避することができます。
それは、国家や企業が運営していない、中央銀行の存在がないからです。
ビットコインは制約がない分自由な取引ができますが、管理者がいないとなると不正やセキュリティの点が心配となりますので、不正を防ぎ、監視するものが必要となります。
それがブロックチェーンです。
その仕組みは、ビットコインの通貨をどのアドレスからどのアドレスへと送金したかが記録されている履歴を一つの場所で保存せず、ビットコインのネットワークに参加いているコンピューターに分散して保存します。
このビットコインの取引で生じた正確な取引を記録している取引台帳がブロックチェーンで、誰でも閲覧することができ、過去の書き換えができない仕組みになっています。
約10分間の取引をまとめたものをブロックといい、未承認のブロックを正しい取引と承認した場合、すでに承認したブロックに順次繋げて、一連の正しい取引台帳となります。
そのブロックがチェーンのように繋げて保存したものになります。
チェーン状に繋げることで、データの変更、改ざんが不可能になり不正を防ぐことができ、取引の信用性が維持できるのです。