日本の現状と同じく、現在の大手企業は高年齢化が進んでおり、能力のある中堅どころが少ないと騒がれています。
実績を挙げている会社には、要所要所に実力を兼ね備えた人材がいるものです。
そういった人材は一朝一夕には育成できません。
人材が潤っていたために、採用活動や新人育成を怠っていた企業はこの困難に直面していると思われます。
このような企業に通じて言えることは、1990年代に突入しバブルが崩壊したことによって、既存の社員でやりくりしていくことが精一杯となり、新規雇用を減らしていったのが原因でしょう。
また、そのとき戦力として働いていた人材がこぞって退職を迎えることで、人材不足が余儀なくされているのです。
キーネットワークはそのような会社の依頼を受け、即戦力となりえる人材を他の企業からヘットハンティングし斡旋する会社です。
どのような業種においても、会社を育てるのは人であり、優秀な人材を多く抱えている企業は実績を出しているのは当然のことですから、人材の大切さを痛感しているオーナーは多く存在します。
より優秀で即戦力になる人材をキーネットワークを通じて雇用することで、今後の会社運営をより良いものに変えられるでしょう。