体調不良には、物理的な問題と精神的な問題の二種類があります。
骨折や捻挫、打撲といった体調不良は前者です。
こちらはひと目で分かる症状である事が多く、本人が自覚しやすいでしょう。
回復に掛かる時間も比較的短く、現代の医療技術をもってすれば、殆ど健康体の身体になるのです。
対して、精神的な問題は少し厄介な存在になります。
うつ病や強迫神経障害、不眠症や過食症、適応障害等の体調不良は、時間を掛けても、あまり良い方向に回復しない場合が多いです。
有名人や凄腕アーティストの中にも、そういった問題を抱える人々は多く、メンタルクリニックに通う専門職の方々も普通にいらっしゃいます。
骨折すれば当然ギブスを着用しますので、周囲の人々が自然と優しい態度に変化するものです。
翻ってうつ病や強迫神経障害を抱える人々は、冷遇される傾向があります。
一般的な市民の間では、そもそも正しくうつ病が理解されていませんので、精神のアンバランスさに自覚がある方々は、無闇に周囲の人々に悩みを吐露せず、メンタルクリニックのスタッフに支援を求めるべきです。
嬉しい事に現在では私たちにとって身近な横浜の街中にも、様々な問題がカミングアウト出来るメンタルクリニックがあります。
若い専門医や女性のカウンセラーを丁寧に設置するクリニックが、横浜の街には用意されていますから、病院に不慣れな女子や学生でも、気軽にメンタルケアやコーチングを受けられるでしょう。
精神科・心療内科・統合失調症・成人発達障害・鬱病・うつ病の治療・専門医なら(神奈川県横浜市・新横浜)|ふくろうメンタルクリニック