周りの人達から顔の形が四角いと言われてしまい、その事がコンプレックスになってしまっている女性は、日本でも数え切れないぐらい居られるものです。
四角く見えてしまう顔の形は、ダイエットする事で顔の輪郭が変わって見えたとしても、問題解決には至らないという事も珍しくありません。
そんな時に理想的な顔立ちを手に入れる為の手段として選ばれる事が多いのが、顎プロテーゼというシリコンを利用した整形手術です。
シリコンというのは僅かな量であったとしても、顔に注入するだけで輪郭を変えられるからこそ、理想的な注入量の調節がしやすいと言われています。
顔の形が四角いという事に悩んでいる女性であれば、顎プロテーゼで少しずつ顔のラインを変えていく事で、理想的な顔立ちを手に入れる事が可能です。
何日かに分けて少しずつシリコンを注入しながら、自分が理想としている顔立ちを作り出そうとしている方も珍しくありません。
そういった方法であったとしても、シリコン注入は皮膚に対する負担も少なければ、拒絶反応が出難いという点で手術を受けやすいと言えます。
顔の形を丸くしたいという時には、顔の色んな角度からシリコンを注入してもらう事がオススメです。