建売は安い、注文住宅は高いとうイメージがありますが、本当に高いのでしょうか?
確かに、設計の段階から打ち合わせや変更などの手間の掛かる注文住宅に比べて、そういった手間の掛からない建売の方がコストがかからない気がします。
けれど、それは裏を返せば商品をチェックするお客様がいないということ。
一般家庭で考えれば、家は、一生の中で一番高い買い物になると思います。
しかも機械で管理されて、ほぼ同一性能に仕上る車や家電と違い、色んな職人さんが携わりながら、1から作り上げられる住宅は、作り方によって、良くも悪くもなりえます。
そんな住宅だからこそ、出来上がる過程を確認したいと思いませんか。
決して建売が駄目という訳ではなく、それぞれに時期や価格などのメリットがあり、何に重点を置くかによって違ってくるとは思います。
もし、家を建てる上で工程も気になるというのであれば、自分で確認できたらより安心できると思います。
30年近いローンを組み、払い続ける住宅だから、間取りはもちろん、工程もきちんと納得して建てたくないですか。
そういった「納得」や「安心」を考えたら、決して高くも面倒でもないと思います。
最近では、ローコストで建てられる注文住宅もあるので、自分に合う建方を選びたいですね。