それでは高級なシャンプーには一体何がはているのだろうか。高級かそうでないかを決めるのはシャンプーのメーカーの企画マーケティング部で市販の全てのシャンプーのデータを収集してこの位の高級シャンプーの値段が妥当であろうという数字をはじき出す。勿論シャンプーに高級たる所以である高級な材料を使用しているのであれば、元を取るために必然的に高級な価格になってしますのは仕方のない事で、消費者も高級を承知の上で購入してもそのシャンプーの使用感でどうしてここまで高級でなければいけないのかというのは納得してもらえるからクレームの心配は少ない。但し、高級なシャンプーの部類に入るのに実際の成分は500ミリリットルあたり498円位で売られている高級でないシャンプーと同等レベルの成分しか配合されていなかったら格好のクレーム対象になるのは確実。クレームにまで発展しなかったとしても、そのシャンプーの悪評は口コミとして広がる。今人気の高級シャンプーって?