子宮内膜症の疑いがある場合は、なんらかの検査を受ける事になります。子宮内膜症の検査方法は様々あり、一番簡単な触診や超音波があります。それでもはっきりと子宮内膜症の明確な診断が出来なかった場合には血液検査や磁気を使うMRI、X線を用いるCTや血液検査を行います。更に外科的な検査には腹腔鏡検査と行って腹部に小さな穴を開けて超小型スコープを入れて実際に腹腔の様子を見る検査があります。この検査の際に子宮内膜症による臓器の癒着が発見された場合、子宮内膜症の癒着の度合いによっては同時に治療できる事もあります。
この子宮内膜症の検査である腹腔鏡検査は実際には5ミリメートルほどの穴を開けるだけなので回復が早いです。
子宮内膜症・更年期障害にはピクノジェノール|女性のお悩み解決