株式取引はやったことがあるもののFXについて全くの初心者の僕がついに外国為替証拠金取引の世界にデビューしました。
海外の機関投資家やヘッジファンドなどが熱い勝負をしているフィールドに全くのアマチュアの僕が参加できるとは胸が熱くなる思いです。
もちろん、初めてのことなのであまり大きな金額は扱いませんが、それでも胸がどきどきします。
株式市場では午前9時から午後3時までしか取引所が開いていないのに対し、外国為替のマーケットは24時間オープンしています。
シドニー、東京、ロンドン、ニューヨークとメジャーなマーケットが時差の関係で順次開いていくためにいつでも取引が可能と言うのはとても便利と思いました。
しかも、日本が祝日でお休みでも外国のマーケットは開いているので、祝日だけ、プロのディーラーになったつもりで取引ができるのです。
初心者にとってチャートを見たり、移動平均線を調べたりするのは大変と思いますが、株式取引での経験が生きたと思います。
また、株式は銘柄がいっぱいあって銘柄選びが大変なのですが、FXはドル、円、ユーロ、ポンドなどせいぜい4つか5つの通貨を対象にするだけで済むので簡単です。
その点では初心者も取り組みやすいと思いました。
FX初心者の入門書・絵を見て勉強|サルでも解るFX図鑑