EPAやDHAが身体に不可欠な成分であるということはよく知られていますが、具体的に、どのようなものに含まれ、どういった働きをするのかについては、わからない人が多いのではないでしょうか。
どちらも、健康維持に必要な成分ですが、体内では作ることができない不飽和脂肪酸なので、食物やサプリメントで外から補う必要があります。
イワシやアジ、さばに多く含まれるのがEPAが、脚光を浴びるきっかけになったのが、野菜をほとんど食べないにもかかわらず、心臓血管系の疾患が少ないイヌイットの疫学調査でした。
その結果、アザラシや魚を日常的に食べるイヌイットの血液に多く含まれ、それが心疾患を防いでいるということがわかったのです。
日本でも、漁村部と農村部では、魚をたくさん食べる漁村部の老人の血管年齢のほうが若いという調査結果が出ています。
一方、まぐろやかつおに多く含まれるDHAは、主に脳の神経細胞に分布し、記憶や感情に影響を与えるとされ、認知症の予防や軽減に生かすための研究も進んでいます。
どちらも血液をサラサラにする効果がありますが、体内に入った後、DHAに転換される性質があるEPAを摂取すれば、一石二鳥でしょう。
DHA効果を含むEPAで血液さらさら | お魚パワーでサラサラ生活(ライフ)